ORLが提供するトレーニングは座学=ティーチングよりも実習=ハンズオンに重きを置いており、実際の業務をできるだけ再現したシナリオで提供されます。トレーニングは受講者が実際の現場に即応した疑似体験を得ることによるスキルの早期の定着を目指します。そのため各講座の講師は実務経験を十分に積んだテクニカルトレーナーが担当します。

注目の研修

近年話題のDockerによるコンテナー環境の構築と運用の基礎を学べます。

X86サーバーの基礎、サーバー構成の基礎、Linux導入、運用基礎

仮想化環境構築のポイントが理解でき実際に環境構築を行えます。